2017年 04月 01日 ( 1 )

SAPPHIRE PRINCESS

b0188757_10342665.jpg
                                                
                                                色重ね合わせてゆこう
                                                手を携えて共に進もう

                                                僕らは 遠ざかる記憶の中を歩いている
                                                今日の この出逢いも きっと 幸せ指数


------- きりとり ------- 


神戸には2回目の入港ということで、“ SAPPHIRE PRINCESS ” を歓迎に行ってきました♪
13時前、新港第4突堤は 客船を一目見ようとする大勢の人でいっぱい。

吹奏楽が軽快に歓迎のメロディーを奏でる中、色とりどりの風船と神戸市消防艇の放水が神戸港を彩りました。
真っ白な船体はゆっくりと近づき、着岸。
入港シーンは初体験でしたが、とても感動♪

プリンセス・クルーズのコーポレートカラーであるブルーを積極的に取り入れた爽やかな外観です。
バルコニーのブルーガラスが特徴的。 ファンネルもカッコイイ♪
top は 2人のドラマを切り撮りたくて、30分くらい ジーッと待ったもの(焦
ちょうど人の波が途絶えた一瞬を狙った奇跡の一枚。
女性の姿が分かりにくいですが、感無量です♪


サファイアプリンセスは、プリンセス・クルーズ最大の客船。
三菱重工長崎造船所で、サファイヤは2004年5月に就航。 日本で建造する客船としては史上最大。
[ 船舶データ ] 乗客定員 2,678人 / 全長 290m(横浜ランドマークタワーの高さと ほぼ同じ)
総トン数 115,875トン / 巡航速度 22ノット
クイーンエリザベス(90,901トン)も 大きなクルーズ客船でしたが、その上をいきます♬
[ 補足 ] トン数とは、船の大きさをトンを単位として表したもの。
日本最大のクルーズ客船 “飛鳥II” は、50,142トン



b0188757_10472029.jpg


先日、300冊を超える(活字中毒の)管理人本棚から、
よかったもの(大切な方におすすめしたいもの)のランキングをご紹介いたしました(コチラ
人が経験できる事柄は多くはありませんが、本は新鮮な世界と知識をもたらしてくれますね。


本日 ご紹介の1冊
“ぼくを映す瞳が光って、透明な雫を落とす。
「……ここがピークなんだね。わたし、これから少しずつあなたの過去に戻っていって、
あなたと恋人じゃなくなっていくんだね。……すれ違ってくんだね」
「すれ違ってなんかいない」
ぼくは約束を果たす。
「ぼくたちはすれ違ってない。端と端を結んだ輪になって、ひとつにつながってるんだ」”
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 七月 隆文著 宝島社文庫より

小説として良いか悪いかを超えて、とにかく衝撃を受けた 「イニシエーション・ラブ 」 乾 くるみ著 のようだと感じました。
レビューで 一部の方が盗作発言をしてますが、プロットの秀逸さが光る一作だと思います。
小説を読む時に感情を重視するのか、文章や設定を重視するのかで満足度は変わりそうです。
「大切な人と 今、この瞬間、この時を大切にしたい」と思える 陽だまりのような心温まる作品で私は好きだなぁ。 あっ、前者は苦手。



留学7週目 29日LINE
今日は20分くらい走ったことと、グループメンバーが誕生日で たこ焼きパーティーをしたこと。
日本を感じました♪
長女は この2ヶ月で体重が5㎏増えて焦っているようです(爆



次回
SAPPHIRE PRINCESS / another one.



コメント欄を開けておりますが、お返事がままならぬことをご了承願います。

[PR]
by club_yume_ututu | 2017-04-01 14:58 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(40)