カテゴリ:mind・言の葉( 99 )

make you mine

b0188757_18393759.jpg

                                        きみの lip を離せない
                                        Can you make me fly high ?


------- きりとり -------


Cyclamen persicum Mill
サクラソウ科シクラメン属に属する多年草
シクラメン(赤)の花言葉は「きずな」と「愛情」
色鮮やかな冬の花の主役です。



長男(大1)が、数学の試験で9割正解
60人クラスで6人だけだったとのこと。
26日の高速バスで帰和予定
お正月は久しぶりに家族が揃います。



管理監督者には大きく二つの役割が求められる。
一つは「量の確保と品質の保証」であり、もう一つは「原価低減のための改善活動」だ。
両立するのはなかなか難しいが、そのためには現場をしっかりと見て、
何が「異常」で、何が「異常でない」かを分かるようにすることが必要である。そのためには
①常に現場を見ること(ムダを見つける目を持つ)
②部下を統制し、指導すること
③部分ではなく全体を見て(全体最適)判断すること
の三つを心がけることである。
最強の現場をつくり上げる!“ トヨタ式「改善」の進め方” 若松 義人著 PHPビジネス新書より
300冊に迫る(活字中毒の)管理人本棚からバイブル本を紹介



睡眠は4時間程度
3時には“朝への秒読み”が始まる毎日を過ごしています。
年内は31日まで働きます |ェ・`。)・・・ ショボーン
帰省は大晦日深夜



透明感のあるボーカル、そして卓越したドラミング
「僕たちってごきげんな関係だろ? 君もそう思うだろ?」
全米、全英ともにNo.1を記録したラヴ・ソングです。
A groovy kind of love / Phil Collins



携帯電話などなかった。 きみからのphone call.
深夜の国道2号線。 車を走らせた あの頃が鮮やかに蘇る。



いただきましたコメントへのお返事が、
ゆるゆるとなりますことをお詫びいたします。
[PR]
by club_yume_ututu | 2013-12-07 19:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(26)

Gallery of Autumn Colours sanpo

b0188757_18321187.jpg

                                        長くなるだけの夜を迎えても大丈夫
                                        カシミアの袖が やわらかく頬に触れるから
                                        あ行から探す きみへのmessage

                                        経るということは
                                        幾重にも咲かせていくこと


------- きりとり -------


足跡ひとつ残して 秋が往く
赤のチカラ。
秋は、「色」に心動かされる季節ですね。



b0188757_1836621.jpg



「明珠掌に在り(みょうじゅ たなごころにあり)」(禅語)
明珠とは、計りしれないほどの価値ある宝、掌に在りとは、自分の手のひらにあるという意味
大切なものは手のひら、身近にあるということを説いています。
幸せは人から得るものではなく、自分の中から見つけるものです。



それでも海を渡ってカオルに会いに来た。
この世の誰より格好をつけたかったはずのカオルに、
その弱さを、ずるさを、嘘を、情けなさを、すべて打ち明けた。
―その弱さを認めたあなたの強さを、
「尊敬しています」
“ヒア・カムズ・ザ・サン” 有川 浩著 新潮文庫より
「愛している」それだけが伝えたい。
愛と家族の再生の物語!
とても魅力的に描かれていて、ストーリーを追うだけで胸がつまる一冊



やった~!!!
幸せに満ち溢れているなうですよ~!

智弁和歌山が秋季高校野球近畿大会で準優勝。
2年ぶり11度目のセンバツ当確のニュースに長女(高1)から届いたメール
(お互いに休みがあえば)来春の甲子園観戦を約束しています♪



終電で帰らせない選曲に まんまとひっかかり
朝まで踊り明かした80年代、土曜の夜
MANDOLAY / ART ATTACK



せつなさつのる晩秋の夜に 独り無理やり盛り上げる曲
みなさま、温かくお過ごし下さい♪



引き続き騒がしい毎日を過ごしており、
いただきましたコメントへのお返事が、
ゆるゆるとなりますことをお詫びいたします。
[PR]
by club_yume_ututu | 2013-11-09 19:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(44)

身心一如

b0188757_21495018.jpg

                                        絡めては解く指先
                                        織り重ね紅にほふ

                                        きみをさらっていいか
                                        ぼくのやり方で 今夜


------- きりとり -------


昇華 / another one.
2枚目photoに添えようとしたwords.



いただきましたコメントへの お返事もままならず
勝手ながら、今回はコメント欄を閉じています。
最近は専ら深夜にウロウロします(*´σー`) エヘヘ
次のblog更新は紅葉舞うころ



10月20日 20時30分追記
“Tactics”
b0188757_20265951.jpg

                                        匂はぬ言葉は鮮やかに彩る
                                        ぼくのいちばん深いところを

                                        少し危うい指先で想いを綴る
                                        あえかに咲く華 染まる午后

------- きりとり -------


連作いただき、ありがとうございます。
“赤色えれじぃ” とても素敵です。



今日は13連続勤務明けの休日
妻と長女(高1)が訪ねてきてくれました。
明日からは13連続勤務 again.
所謂 pakeho-dai *o_ _)o バタッ
[PR]
by club_yume_ututu | 2013-10-06 21:54 | mind・言の葉 | Trackback

昇華 / another one.

b0188757_2244812.jpg

                                       言葉の前に 心がある
                                       言い足りない ありがとうがある


------- きりとり -------


賞名:学業に対する取組が真摯で他の模範となる者
学年成績上位20名 且つ 教授推薦を受けた者に贈られるという褒状
平成25年度前学期:長男(大1)は2枚拝受



9月22日up 「昇華」 同様のphoto&words の為、
勝手ながら、今回はコメント欄を閉じています。



b0188757_2273148.jpg

引き続き騒がしい毎日を過ごしており、
いただきましたコメントへのお返事が、
ゆるゆるとなりますことをお詫びいたします。
[PR]
by club_yume_ututu | 2013-09-29 22:12 | mind・言の葉 | Trackback

昇華

b0188757_18262491.jpg

                                       一緒に見上げた空のいろ
                                       そっと握った右手の温もり
                                       幸福ひとつ 持って帰ろう
                                       ふわりふわりと 秋が舞う

------- きりとり -------

色鮮やかな赤、繊細な花弁
妖艶であり、炎の如く凛としている
曼珠沙華は、サンスクリット語で天界に咲く花という意味



必ず散ることを知り 咲く
世界は時々 驚くほど美しい
15分間で20ヶ所以上刺され、藪蚊に あっさりと敗北 (>_<)



2週間ぶりの帰省に、「まるで、お父ちゃんみたいだった」と妻が笑う。
約束を破り、Wi-Fi機能でLINEに熱中する長女(高1)を見て(我が家はスマートフォンを許可していません)
長男(大1)がルーターを使用不可に。 困った長女は反省文を書いて謝ったとのこと。
いつまでも面白い兄妹です。
本日、長男は1ヶ月半の夏休みが終わり学生寮へ戻りました。
上期の成績評価は S、Aばかり。 学費免除を狙うと意気込んでいます。



(前略)自分たちのお客様のニーズを徹底的に探り、社会の変化に目を凝らし、
独自で商品を作り、売るという、他と差別化するビジネスモデルを構築しなければ存続できないのです。
<変わるための3つの言葉>
一、商売の基本は、どの国でも同じ
一、改革は全否定から始めよ
一、妥協した時点ですべては終わる
「変わる力」 鈴木 敏文著 朝日新書より
300冊に迫る(活字中毒の)管理人本棚からバイブル本を紹介



夜風の清々しさに ほっと心がほどける。
一雨ごとに、秋は深みを増していきます。



巨人が2年連続35度目のせ・リーグ優勝
ファンのみなさま、本当におめでとうございます♪
今宵は祝杯をあげましょう (*´σー`) エヘヘ
[PR]
by club_yume_ututu | 2013-09-22 18:28 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(28)

my love for you will still be strong

b0188757_2144398.jpg

                                       スカートのすそを きゅっと結び
                                       波打ち際で きみが手をふる
                                       潮風に大きくゆれたTシャツ

                                       触れることは出来ない夏
                                       終わらないイノセンス

------- きりとり -------

残暑お見舞い申し上げます。
夏の疲れが出る頃ですが、お元気でお過ごしでしょうか。
暑さはまだしばらく続きそうです。どうかくれぐれもご自愛下さい。



「白珪尚可磨(はっけい なおみがくべし)」(禅語)
白珪とは上が丸く、下が四角い完全無欠のきれいな玉のことで、
これ以上磨きようがない玉をさらに磨きなさいという意味。
もう磨きようがないものをさらに磨く。 その努力が大切。 これでいいと思ったら それで終わりです。



誰も何も言わなかった。
何も言えなかったのだ。
一瞬の奇蹟も刹那の感動も、巨大な時の大河の中では無に等しい。
天の川の中では英雄の星座ですら見えなくなるように、
時の大河の中では、人間の命すら尺寸の夢にすぎない。
だからその刹那にすべてを傾注するからこそ、人は人たることが可能なのである。
“神様のカルテ2” 夏川 草介著 小学館文庫より
前作に続き、ほのぼのとした温かさを感じながら、最後まで一気に読んだ。
命の輝きと、その儚さが重なり合う物語。 ご一読ください。



光の色や風の匂いを知り、
支えになりたいと思った。
きみがいたから出来たこと



単身赴任先は、海が近く(今朝も玄関先でカニと遭遇)
休日は、色とりどりの水着が鮮やかなビーチで ヒューマンウォッチング
(監視員より)真っ黒に日焼けしています♪(笑
厳しい暑さが続く中で、歳月は確実に流れ去る
季節の変化は、はじめ“光”にあらわれると言いますが、
16時過ぎの海の色に秋の気配を感じるようになりました。



1969年の夏は記憶にないけれど、
シンプルでカッコいい、大好きな夏song♪
Bryan Adams / Summer Of '69




引き続き騒がしい毎日を過ごしており、
いただいたコメントへのお返事が、
ゆるゆるとなりますことを お詫びいたします。
[PR]
by club_yume_ututu | 2013-08-18 22:18 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(33)

遍界不曾蔵

b0188757_19242579.jpg

                                        強い気持ちで
                                        きみに堕ちていく
                                        そんな恋をした

------- きりとり -------

蓮の花のいのちは、わずか4日間
決して美しい環境とはいえない泥の中に生えて、それでも泥に染まらず、清らかで気高く優雅に咲く。
不遇困難、恵まれぬ環境にあっても 決してそれに負けないことが大切
美しい夏の朝です。


「(前略)美しい宝っていうのは、人の心だ。人に優しくしたり、何でも努力してやり遂げることで、宝は磨かれる。
でも、人はだんだん、大事な宝を磨くのを忘れてしまう。忘れるなよ」
「島の先生」 モトイキシゲキ 荒井 修子・原作 幻冬舎文庫より
愛情を いっぱい注がなければ、子どもの心は育たないし、甘やかすだけでは駄目。
厳しさがないと一人前にはなれない。
家族とは? 教師とは?
それぞれの成長を描くハートフル・ストーリー。



b0188757_19422974.jpg


「遍界不曾蔵 (へんかいかってかくさず)」(禅語)
あまねく世界にゆきわたり、真理そのものは決して隠されることなく、あらゆるものに現われつくしているということ。
よく見れば見える真実。 よく見る目を養うこと。 よく感じる心を養うこと。



b0188757_1933253.jpg


こうして きみと笑ったり、泣いたりする夏は、
もう そんなに残されていないんだ。
だから、いつもより ゆっくり歩こう。

「お父さん、紀三井寺(野球場)いこよー!」と、長女(高1)に誘われ、
第95回全国高校野球選手権和歌山大会を観戦。
9年連続出場を狙った智弁和歌山が、3回戦で散る波乱
野球部マネージャーの彼女は、夏休み中も部活動とのこと。
この夏は甲子園へ行けるかなぁ…


引き続き騒がしい毎日を過ごしており、
いただいたコメントへのお返事が、
ゆるゆるとなりますことを お詫びいたします。
[PR]
by club_yume_ututu | 2013-07-21 19:48 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(37)

清流無間断、碧樹曽凋まず

b0188757_17241292.jpg
                                                 こころ澄ませ 夢を重ねてゆく音を聴く
                                        
                                                 笑顔は ひとりじゃ作れないね
                                        
                                                 The final choice is up to you.

------- きりとり -------

和の喜びが 少なくなろうと、
差の切なさを感じるようになろうと、
足しも 引くも無くなるその時まで、懸命に生きよう。
「清流無間断、碧樹曽凋まず(せいりゅうかんだんなく、へきじゅかつてしぼまず)」(禅語)
私たちの人生は 川の流れのように一刻も停滞することなく、時刻々と動いています。
脈々と受け継がれてきた尊い命に感謝し、淀むことなく常に新しい心で歩んでいきたい。


多紀の携帯電話に掛けてコールを数える。
三回目でつながった。
こんなに急ぐことはないのかもしれない。二人のときに改めてでいいのかもしれない。
でも、俺は今すぐに呼びたいんだ。
君に手が届く自分になれたと思えたのに、これ以上一秒だって待てるものか。
「県庁おもてなし課」 有川 浩著 角川文庫より
読後感がとても爽やかで、元気になります。
地方の官の力を信じたい。


たまの休日は、家族の元へ帰りたい。
けれど、別れ際や ひとりぼっちの部屋に戻ったとき 切なさが倍増する。
だから、敢えて「休みはいつ?」と言うような日々を過ごしています。
先日、20歳代の部下に「上長は父のようだ」と泣かれ、戸惑った管理人です。
(いくつになっても)女性の涙はドキドキします。


木洩れ日を感じ、柔らかな土の感触を楽しむ
雨上がり、しっとりと咲くあじさいを堪能しました。


毎日の生活の中で、どんなリラックスタイムを過ごされていますか?


引き続き騒がしい毎日を過ごしており、
いただいたコメントへのお返事が、
ゆるゆるとなりますことを お詫びいたします。



6月24日 14時15分追記
b0188757_1421812.jpg

夏の高校野球 和歌山大会は7月12日開幕
長女(高1)が野球部のマネージャーを務める高校は、
大会9連覇を狙う 智辯和歌山と同じ Aゾーン。

“是非とも智辯とやってほしいですよね!(笑)” と、 昨晩メールがあり、
“長く 暑~い夏にしたいね!” と返信しました。
今年も野球場で熱くなるぞぉ(*´σー`) エヘヘ





95回目を迎える夏の高校野球
今年の応援ソングに選ばれた コブクロ “ダイヤモンド”
こころ熱く 魂が揺さぶられます。



7月7日 20時15分追記

7月13日(土)は、読売ジャイアンツ vs 中日ドラゴンズ観戦(ナゴヤドーム)
杉内、菅野、宮國、内海、澤村
中6日なら、先発は澤村投手。
鉄の右腕がうなりあげ 打者をなぎ倒す その名世代に轟かす 王者澤村投げ抜け~♪
おまえの出番 ゆくぞ 敵を打ち砕け(中井) 巨人に勝利の旋風 巻き起こせよ~♪
1-9を力いっぱい叫んで、大騒ぎします(ノ∀`〃) ペチッ
妻が昨晩、(千葉で過ごした際に知り合った)名古屋の友人に連絡したところ、
奇しくも 当日のチケットを持っているとのことで、4年半ぶりの再会を楽しみにしています。
[PR]
by club_yume_ututu | 2013-06-16 17:32 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(34)

花笑みの春

b0188757_17264537.jpg

                                        ひそやかに ひたむきに
                                        指先で旋律を奏でたい
                                        視線の先に花を咲かせたい
                                        愛は そっと そこにある

------- きりとり -------

異動(県内)で、明日から4年ぶりの単身赴任
所謂 pakeho-dai up *o_ _)o バタッ
渉外手当など いらないさぁ。
長男は私立3校に合格し、公立大学の結果待ち。(下宿が確定)
「寂しくなるね…」と、長女(中3)が泣く。


品種:未開紅(ミカイコウ)
豊後系の桃色をした八重咲きの中輪
“抱え咲き” 開花のとき、1~2弁咲き遅れるので この名がある。 


3月31日 19時00分追記
b0188757_1856954.jpg

b0188757_18571733.jpg

長女(高1)と、第85回選抜高校野球大会観戦
応援した済々黌、大阪桐蔭はいずれも敗退。
白熱した素晴らしいゲームでした。 感動をありがとう。


桜ハラハラ
気がつけば春が行き過ぎます。
単身生活も、はや1ヶ月
7時に家を出て日が変わる頃帰宅
食事をしながらバタンQ (*´σー`) エヘヘ
平日は自分の時間が無く、休日も減ったため、
blog更新は暫く出来ないと思われます。


花は嘆かず 今を生きる    
君を誘って 一歩踏みだす春



4月21日 9時00分追記
気がつけば、早足で春が行き過ぎました。
今日は最高気温が2月下旬から3月中旬並みとか。寒い朝です。


みなさま、
たくさんのお祝いの言葉、コメントをありがとうございます。
いつも楽しみに拝読しております。
平日は自分の時間が無く(7時出勤、24時帰宅)
今日は4月初めての休日。所謂 pakeho-dai *o_ _)o バタッ
個別に ご返信が出来ず申し訳ありません。
後ほど、みなさまのblogへ ゆっくりとお邪魔させていただきます。


トイレ掃除と布団干しは大好き。
掃除や洗濯、アイロンも大丈夫。
単身赴任生活が大変だと思うのは食事。料理は全く駄目です。
毎晩、日が変わる頃帰宅してお茶代わりのビールとコンビニ弁当
食事をしながら、バタンQ (*´σー`) エヘヘ


長男(大1)はたくさんの友達(2,000名の新入生)と青春謳歌。
課題に追われ日曜日も(徒歩5分の)学校に籠っているよう。
毎日のように、妻や長女とスカイプ or ラインで繋がっています。


長女(高1)は大好きな野球部のマネージャーになり、中央委員に立候補。
“お父ちゃんと一緒やなぁ”とメールがありました。
(高校の副生徒会長経験有)の私似で目立ち?ヾ(;´▽`A``アセアセ


離れていても家族はひとつ。
希望に満ち溢れた それぞれのステージで頑張っています。


次のblog更新は紫陽花の咲くころ
[PR]
by club_yume_ututu | 2013-03-03 17:39 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(22)

春在一枝中/ another one.

b0188757_16342292.jpg

                                        同じ日など無いことが幸せなんだと 空が笑う
                                        授かった尊い温もりで 今 この一瞬を咲き誇ろう
                                        美しさは優しさ。 優しさは強さ

------- きりとり -------

昨日(16日)は 磁器婚式
記念も兼ねて 大好きな梅の花“月宮殿”をblog up.
2週連続の更新は、昨年6月以来 ヾ(;´▽`A``アセアセ

品種:月宮殿(ゲッキュウデン)
花は八重咲きの大輪
雪のように白い花びらが美しい

2月10日up 「春在一枝中」 同様のphoto&words の為、
勝手ながら、今回はコメント欄を閉じています。
[PR]
by club_yume_ututu | 2013-02-17 16:45 | mind・言の葉 | Trackback