<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

my love for you will still be strong

b0188757_2144398.jpg

                                       スカートのすそを きゅっと結び
                                       波打ち際で きみが手をふる
                                       潮風に大きくゆれたTシャツ

                                       触れることは出来ない夏
                                       終わらないイノセンス

------- きりとり -------

残暑お見舞い申し上げます。
夏の疲れが出る頃ですが、お元気でお過ごしでしょうか。
暑さはまだしばらく続きそうです。どうかくれぐれもご自愛下さい。



「白珪尚可磨(はっけい なおみがくべし)」(禅語)
白珪とは上が丸く、下が四角い完全無欠のきれいな玉のことで、
これ以上磨きようがない玉をさらに磨きなさいという意味。
もう磨きようがないものをさらに磨く。 その努力が大切。 これでいいと思ったら それで終わりです。



誰も何も言わなかった。
何も言えなかったのだ。
一瞬の奇蹟も刹那の感動も、巨大な時の大河の中では無に等しい。
天の川の中では英雄の星座ですら見えなくなるように、
時の大河の中では、人間の命すら尺寸の夢にすぎない。
だからその刹那にすべてを傾注するからこそ、人は人たることが可能なのである。
“神様のカルテ2” 夏川 草介著 小学館文庫より
前作に続き、ほのぼのとした温かさを感じながら、最後まで一気に読んだ。
命の輝きと、その儚さが重なり合う物語。 ご一読ください。



光の色や風の匂いを知り、
支えになりたいと思った。
きみがいたから出来たこと



単身赴任先は、海が近く(今朝も玄関先でカニと遭遇)
休日は、色とりどりの水着が鮮やかなビーチで ヒューマンウォッチング
(監視員より)真っ黒に日焼けしています♪(笑
厳しい暑さが続く中で、歳月は確実に流れ去る
季節の変化は、はじめ“光”にあらわれると言いますが、
16時過ぎの海の色に秋の気配を感じるようになりました。



1969年の夏は記憶にないけれど、
シンプルでカッコいい、大好きな夏song♪
Bryan Adams / Summer Of '69




引き続き騒がしい毎日を過ごしており、
いただいたコメントへのお返事が、
ゆるゆるとなりますことを お詫びいたします。
[PR]
by club_yume_ututu | 2013-08-18 22:18 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(33)