タグ:山 ( 2 ) タグの人気記事

Scorpius

b0188757_05055945.jpg


年間三大流星群のひとつで、年間でも常に 1・2を争う流星数を誇る
2017年のペルセウス座流星群が 8月13日 4時頃に極大を迎えるとのこと
昨晩は、1時間車を走らせ 標高870Mにある ススキのじゅうたんをしきつめた視界の開けた場所へ。
雲のような痕(流星痕)を残す明るい流星をいくつも観ることが出来て感動しました♪
だけど、私のファインダー内には飛び込まず…(泣
来年、 retry. 決定です。

しかし、高原を油断していました。
長袖のシャツに上着を持参しましたが、気温は下界との差が-5度。 絶えず強い風が吹きつけ容赦なしに体温を奪います。
寒さに耐えきれず、また 22時過ぎに昇ってきた下弦の月が夜空を明るく照らし始めた為、月の出とともに家路につきました。
「真夏なのに寒さに震える」この感じ、記憶があるなぁ…
そこで、top photoは 「 Mt.FuJi 」 御来光シーン(笑
その優美な風貌、大好きな山です。 3度登りました(家族で 1回、長男と 2回)



b0188757_05082329.jpg


今回の備忘録として以下を記し、次回までの課題とします(お詳しい方いらっしゃいましたら ご教示願います。)
「さそり座」の尾のあたり、隣の「いて座」との境界付近にある 天の川銀河の中心は太く明るく輝いているので、よく目立ちます。
綺麗な天の川を撮ろうと、シャッター優先モード(露出20秒)でISO 3200に設定したところ、カメラは F20を選択する
その確認を忘れレリーズを押し込んで連続撮影した為、露出67分 201枚の没写真を量産(哀

課題:
ISO 3200 F3.5 Tv 20 設定のマニュアルフォーカスで問題は無いか(この設定で撮れない場合は ISOを上げて調節する)

[ second picture ]
2017.08.12 22:13 から露出15分
ISO 800 F10 f18mm 露出20秒×44枚
SiriusComp による比較明合成

真っ赤に輝く、サソリの心臓アンタレス
天の川に大きなS字型で横たわる「さそり座」の日周運動、添景は 生石高原



8月20日くらいまでは、多くの流星群がやってきます。 是非、夜空を見上げてみてください。



前記事のように 5時起床、6時前に家を出て21時過ぎ帰宅。
夏休みなく、管理人は こんな日々を過ごしております。
長女と約束した第99回全国高校野球選手権の甲子園観戦は、私の身体が耐えられないと判断し諦めました。
PCに要する時間が短く、勝手ながら、今回はコメント欄を閉じています。



2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真


[PR]
by club_yume_ututu | 2017-08-13 15:27 | Trackback

霧海

b0188757_21341866.jpg

                      こひ むちゅう
                      濃い 夢中
                      恋  霧中
                      空を仰いだ僕のとなりで、君は

------- きりとり -------

古事記、日本書紀に出てくる天孫降臨の地
坂本龍馬が妻お龍と“日本最初の新婚旅行”として訪れた地
霧島連山の主峰、標高1,574m 「高千穂峰」登山
溶岩の岩場と砂礫の急斜面、
湧き上がる雲。発生した霧で視界は10m
手探りで直登するような感じ。
photo.は霧が晴れた瞬間(この状態は、ほんの僅か)、右に霞む御鉢の火口
霧の中、5時間

「それでいい?」
「はい。美しいものが地上にあって、いまたしかに存在していて。
わたしたちはそれを見て―きっと、未来まで、記憶している。
手からすり抜けていった命は、見えなくなっても、壊れてしまうわけじゃありません。
もしかして、いったんさよならになるかもしれないけれど、待っていれば、
いつかまた再会できて、そして、いっしょにまた花火を見られたりするんじゃないでしょうかねぇ」
「コンビニたそがれ堂」奇跡の招待状 村山 早紀著 ポプラ文庫より
ほのかに懐かしくて限りなく温かい短編集
おすすめの一冊

きみからのphone call.
真夜中の国道2号線。車を走らせたあの頃が鮮やかに蘇る
FUNKY MONKEY BABYS / 涙〈PV〉
長男(中3)が大好きなsong.
受験まであと10日

いつもたくさんのコメントをお寄せくださり、
本当にありがとうございます。

個のちがいを理解する心をもてば、
きっと僕らは繋がってゆける
[PR]
by club_yume_ututu | 2010-02-28 22:07 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(35)