ペルセウス座流星群 2018 another one.

b0188757_10192810.jpg


                                               伝言板前で 待ち合わせ あと5分
                                               描いた未来図を伝えたい きみに

                                               揃いのリング 紅差し指を結んで
                                               流星が8月を染めた 恋語りの夜





------- きりとり -------




ペガスス座を貫くように輝いた火球クラスの流星。 色の変化まで捉えることが出来ました。
流星の中には、まれに周りが“ぱぁっ”と明るくなるぐらい大規模なものが目撃されることがあります。
金星に匹敵するか、それより明るい流星のことを火球と呼び、火球の出現は流星観測の“華”とも言われます。
“火球クラスの流星”という言い方はきちんとした言い方ではないのですが、色の変化が分かりますでしょうか?

火球は明るいため、色がはっきりとわかることが多いようです。 
流星は、流星の元になる物質が地球大気に飛び込んできたときの摩擦によって発生するエネルギーで発光しますが、どんな分子や原子が発光しているのかによって色が違います。
例えば、酸素なら緑、窒素なら赤などの色が見えることがあります。





b0188757_10225087.jpg



天からのギフト、13日未明に出現のピークを迎えた真夏の夜空を彩るペルセウス座流星群。 
ご覧になりましたか? 私はアウトドア用ベッドを持って 妻と観望会に参加しました。 
一晩中、寝転んで星座が きらびやかに輝く夜空を眺め、小さな流星やまぶしく光る大きな流星に歓声を上げました。
100個まで数えましたが、次々と駆け抜ける流星の多さに途中で数が分からなくなりました。 こんなにも降るとは思わず、感動の徹夜(笑
視認できた数は200個以上。 消えないうちに願いごとを3回唱えると願いがかなうとも言われていますが、
「あっ、流れた!」 「おぉっ~♪」と歓声をあげたり、数を数え合ったり、その余韻に浸って語り合ったりして1度も出来ませんでした(焦





b0188757_10242865.jpg




3枚の写真は夜空の一角にカメラを向け、偶然、その撮影範囲に出現するのをひたすら待つインターバル撮影です。
シャッタースピードは500ルールで算出。 f 11mm(フルサイズ換算17.6mm)を当てはめると28.4秒が星が流れない最大の露光時間になります。
ファインダーに飛び込んだ流星は14個。 ほとんどは小さなものでした。
1枚目(01:07撮影)、2枚目(02:09撮影)に アンドロメダ銀河、3枚目(04:06撮影)に プレアデス星団(すばる)が写っています。
全て同じRAW現象ですが 3枚目は薄明開始後の為、東の空(写真左下)が明るくなり始めています。

目にした者の心を放さない、美しくも はかない存在。
次のギフトは12月にピークを迎える ふたご座流星群。
上弦の月がありますが、夜半には沈みます。 日付が変わる頃から明け方までは多くの流星を見ることができそうですね。



星空は夜の青空。 Sun 3 Sunday. Night Ver. 
“ Sun 3 Sunday ” 毎月 第 3日曜日に空写真をアップしよう。
pote-sala さま、素敵な企画をありがとうございます。



お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】


[PR]
# by club_yume_ututu | 2018-08-19 08:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(26)