Chance Jock

b0188757_03255477.jpg



                                                       一生懸命な時に流す涙は美しい。




------- きりとり -------





Red Temptation / APR.2018 予約投稿です。

第 90回 選抜高等学校野球大会 第 3日(25日)
智辯和歌山 4―2 富山商
郷土代表、智辯和歌山の アルプス席で野球観戦。 今大会初の満員札止め、4万 6000人の大観衆。
チームは 7年ぶりの選抜勝利、大声で校歌を歌いました(*´σー`) エヘヘ




b0188757_03452725.jpg



前記事で触れた朝活とは アルプス席券を購入する為、チケット売り場に並ぶこと。
梅田から始発電車が到着する前の 5時過ぎに Standby。 第 1試合開始の 約 4時間前です(笑

第 90回 選抜高等学校野球大会 第 8日(30日)国学院栃木を 7 対 4で下し、7年ぶりの 8強。

甲子園は 準々決勝が面白い。 昔から言い継がれてきた、甲子園の “セオリー”の1つですね。
今日は妻と長女を誘い、“誘惑の赤” 智辯和歌山の アルプス席で野球観戦。
勿論、独りで朝活(2人は お弁当を作ってから 開門前に合流)。 超満員札止めが予想されますから、今朝は 4時に Standby予定(焦

エルクンバンチェロ、シロクマ、コパカバーナ。
同校の応援歌は、選曲のセンスが良くて大好き♪ 
ジョックロック、アフリカンシンフォニーは最高! 魂を揺さぶられます。
アルプス席の応援風景は コチラ(魔曲と呼ばれる ジョックロックは 11分30秒頃から)
胸を高鳴らせて 力いっぱい応援してきます(^^♪




b0188757_04180959.jpg



明徳義塾 7-5 中央学院
4番 谷合選手の逆転サヨナラ本塁打に痺れました。
先頭 2人が凡退してからの 逆転サヨナラ弾は 大会史上初。
夏の大会の 逆転サヨナラ弾 5本も、先頭 2人凡退のケースはないそうです。
[ third picture ] 逆転サヨナラ本塁打直後のオーロラビジョン(4番 谷合選手、2アウト 1ボール 1ストライクにランプ点灯)

観ている誰もが感情を込めて ドラマを作るスポーツ、高校野球。
高校野球の「魅力」と言えば「ドラマチック」であるということ♪
明徳義塾の 谷合選手が 中央学院戦の 9回に逆転サヨナラ 3ラン。
日本航空石川の 原田選手が 明徳義塾戦の 9回に逆転サヨナラ 3ラン。
創成館の 松山選手が 智辯学園戦の 延長 10回にサヨナラのソロ。
今大会のサヨナラ本塁打は過去最多の 3本。
「もう駄目かもしれない」ような状況から、奇跡のような、ありえないプレーが突然起こるのです。



毎月 第1日曜日は い色。
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。
Red Temptation 「赤の誘惑」 / invitation記事に “参加するよ”とコメント下さった方は 4名。 感激デス ♪
素敵な 赤の誘惑、お写真を どうぞ ご覧ください。 ※投稿時間に差があることをご了承願います。

special thanks

1*ときどき*5 / pote-sala さま

心の万華鏡 / hanarenge さま

タニクのトリコ / AKO-29 さま

London tea / miemie2017 さま

リンクは貼れませんが、タグを「 Red Temptation 」にしていただいての 飛び込み参加も お待ちしております(^_-)-☆




4月 1日 21時 30分追記
4月 2日 22時 30分補記

b0188757_21144072.jpg



これぞ、智辯の野球だ。 智辯和歌山が 5点差から逆転勝ち。
2点を追う 九回 2死満塁で平田選手の左前 2点適時打で追いつき、
1点を勝ち越された 十回裏には 2死 一、二塁から 黒川選手が左越えに逆転サヨナラ 2点適時二塁打を放ちました。




b0188757_21195640.jpg



18年ぶりの 4強。
両軍計 30安打の壮絶な打撃戦。 声を嗄らし、球史に残る逆転劇に酔いました。 感動をありがとう!
次は、準決勝突破 !



4/1 日曜日は 4時~19時まで 15時間の甲子園。 少し疲れたようです。
Red Temptation 「赤の誘惑」に ご参加下さいました みなさまへの blogも お伺いすることが出来ずに申し訳ございません。
みんなの【Red Temptation】をまとめ読みから、素敵な 赤の誘惑、お写真を どうぞ ご覧ください。

[PR]
# by club_yume_ututu | 2018-04-01 00:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(24)