タグ:言の葉 ( 167 ) タグの人気記事

best of the best 2018. OCT

b0188757_15271853.jpg


[ top picture ]
2018/10/13 15:48
Tv 1/1000 F 8.0 f 11mm ISO 250

頭上を掠めるように飛行機が飛ぶ この場所は飛行機好きの聖地。
超広角 11mm(フルサイズ換算17.6mm)で ノートリミングの 1枚です。
太陽を掴むような “面白写真?”を撮ることが主目的でしたが、急なアルバイトで 合流が 17時過ぎと遅れた長女(大3)。
ほとんど喋りっぱなしで撮影に集中出来ませんでした…(笑
間もなく 自他共に認める お喋りの彼女が帰省します。 賑やかに なるぞぉ♪
私も今日は早仕舞い。 best of the best 2018. OCT 予約投稿です。



「best of the best 2018」開催中。
開催中は毎日更新にチャレンジします♪
一年間の思い出を振り返りながら、ご参加いただければ嬉しいです。 詳細は コチラ
年内は 31日まで働きます。 5時起床、6時前に家を出て 21時過ぎ帰宅。
管理人は こんな日々を過ごしておりますので 22時前後の 1時間程度しか PCに要する時間がありません。
勝手ながら コメント欄は閉じていますので、予め ご了承ください。
ご訪問 & たくさんのイイネをありがとうございます。



special thanks
Tsukiusagi_2 さま、pote-sala さま、marronmaison さま、
kei-kana38 さま、ruunouta さま、shirocha さま。

独りじゃないのよ blogは~ HA HAN♪  
6名の方が ご参加いただきました。 感激デス ♪ / 2018.12.29 19時 確認
急な お誘いにも関わらず、ご一緒いただき ありがとうございます。
みなさまの最高の お写真を どうぞ ご覧ください。



【お年玉プレゼントキャンペーン】 私の年末年始&新春の一枚2019!

by club_yume_ututu | 2018-12-29 20:00 | mind・言の葉 | Trackback

そうだ ふたご座流星群、見よう。

b0188757_14055982.jpg



                                              鼓動を感じ、体温を くっつける朝。

                                              指折り数えて待つ日がくれるもの。

                                              そうだ ふたご座流星群、見よう。





------- きりとり -------




[ top picture ]
しし座の日周運動
2018/11/18 03:33 から露出 30分

日本で見られる流星群の中で 年間通して規模が大きいものを “三大流星群”と言います。
学名:Geminids。 12月14日(金)に極大を迎える「ふたご座流星群」は毎年 12月の中旬に活動が活発になる流星群です。
近年では明るい流星が増え、条件が揃えば一晩で観測できる流星の数も最大級のため、三大流星群の中でも最大と言われています。

ふたご座は 20時頃には東の空に見えています。 比較的早い時間から一晩中見ることができるのが、この流星群の魅力ですね。
2018年は月の入りが 23時前なので(地域によって異なります) 夜半過ぎからは月明りもなく、好条件で見ることができます。
見晴らしが良く空の暗い場所で観察すれば、14日深夜から 15日明け方には 1時間あたり 30~ 50個程度の流星が見えると予想されています。
* 14日 23時頃から 15日 4時(深夜 28時)頃の間は、ほぼ同じ程度に多くの流星を見ることができるそうです。



たまにしか現れない流星を撮るチャンスは流星群の極大夜。
ペルセウス座流星群200個以上、おうし座北流星群 19個、しし座流星群 32個。 今年は 250個以上の流星を観測しました。 
14日は妻と Star Party(観望会)に参加して天体ショーを楽しむ予定です。 勿論、終了後も明け方近くまでいようと話しています。



流星は彗星のかけら。 
1秒にも満たない一瞬の輝きが、流星の美しさです。 
一人でも多くの方が、星空に親しまれますように。

とても寒い時期ですので万全の防寒対策をなさってください。
深夜から明け方にかけては厳しい冷え込みとなります。 コートやマフラー、手袋だけでは物足りないです。
過日の記事でも防寒対策に触れていますが、以下の準備で観望会に臨みます。
吸湿発熱素材の上下アンダーウエアに フリース重ね着、ボアスウェットパーカ & ベンチコート ハーフ + ロング。
リクライニング機能付チェア & ブランケットに 貼るカイロ(背中、お腹、腰、足の 4箇所)。
妻はアウトドア用ベッドに 冬用 シュラフ + インナーシュラフ & 湯たんぽ 2個。
カメラはレンズ夜露防止ヒーター 巻きつけ型ウォーマー。

しっかりとした防寒対策のもと観測に挑めば、印象的な夜空を飽きるまで観測することができます。
どうぞ、大切な方と SPECIALな一夜をお過ごしください。
あったかい飲み物を入れて持っていくこともお忘れなく。 絶好の流星群観察日和になると良いな。



星空指数(日本気象協会 tenki.jp)。
今週は 18時に発表された 12月14日(金)当地の星空指数を追記していきます。 金曜日までカウントダウン(笑
2018/12/ 8(土) 指数 80(星座の観察が十分に楽しめるよ)
2018/12/ 9(日) 指数 80(星座の観察が十分に楽しめるよ)
2018/12/10(月) 指数 80(星座の観察が十分に楽しめるよ)
2018/12/11(火) 指数 80(星座の観察が十分に楽しめるよ)
2018/12/12(水) 指数 100(空一杯の星空を楽しめそうだ!)
2018/12/13(木) 指数 100(空一杯の星空を楽しめそうだ!)



12月 14日 13時45分 追記

2018/12/14(金) 指数 80(星座の観察が十分に楽しめるよ) * 12時発表
今朝は 6時前の NHKでもニュースになっていましたね。 雲が多い和歌山(雲量予報も かなり厳しい)
雲間に出現する流星を期待して行ってきます。 どうぞ、大切な方と SPECIALな一夜をお過ごしくださいませ。

太平洋側では晴れる所が多く、今夜 ピークを迎える「ふたご座流星群」が見られるかもしれません。
放射点(ふたご座の 2等星 カストル付近)が 東の空の高い位置に来る 23時頃から翌日の未明にかけての時間帯が観察に適しています。
さぁ ふたご座流星群、楽しもう。



第三回プラチナブロガーコンテストを開催!

by club_yume_ututu | 2018-12-09 14:15 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(32)

I’m proud of you

b0188757_10013476.jpg


妻と休日の朝ハグ。
言葉を超えたコミュニケーションですね。





b0188757_10023257.jpg


I’m proud of you.
24才の お誕生日おめでとう!
私たちの子どもに生まれてきてくれてありがとう。
長男(社2)は 3連休を満喫し、神奈川県へ向けて出発しました。
2枚全てノートリミング、JPEG撮って出し。



来月も赤色の準備はOK! 星景写真です。
毎月、第 1日曜日(来月は 2日 am 0:00~ 24:00)は い色。

「Red Temptation / 誘惑の赤」概要
■  タイトル  ■ ご自由に どうぞ。
■  タ グ   ■ Red Temptation
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。
被写体探しや、撮り方の工夫、写真選びも楽しんで みなさまの眼から赤色に感じられるものなら、なんでもOK! 
コンテストではありませんので、「 赤 」の定義は ご自由にどうぞ。 掲載枚数等に制限はありません。
ご参加いただければ嬉しいです。 みんなと繋がって楽しみたいなぁ・・・(^_-)-☆

次回
しし座流星群 火球



第三回プラチナブロガーコンテストを開催!

by club_yume_ututu | 2018-11-25 10:30 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(28)

しし座流星群

b0188757_11111916.jpg




[ top picture ]
2018.11.18 04:24 一枚撮り

3個同時に直線の光跡を刻んだ流星。
写真左上、しし座の腰のあたりと
右上、うみへび座の 2等星 アルファルドの斜め右。
そして、中央下の からす座の右です。 お分かりでしょうか。
左下の赤い星は 東の空に昇ったばかりの 明けの明星。

 

今朝、18日未明から明け方にかけて 過去に多くの流星嵐が記録されたことで有名な 「しし座流星群」が活動のピークを迎えました 。 ご覧になりましたか?
ここ数年間は、ピーク時でも 1時間に 5個程度の出現数になっていますが、
この時期は、一足先にピークを迎えた おうし座流星群の出現期間です。 つまり、流星自体を観測できる可能性は大。
昨晩も標高 870メートルの生石高原へ。 5週連続です^^;
月は 午前 1時過ぎに沈んだので 月明かりの影響はなく、おかげさまで、近畿地方は綺麗な星空が広がり 星空を駆ける多くの流星を見ることが出来ました。

吸湿発熱素材のアンダーウエアに フリース重ね着 & ベンチコート ロングに 登山用 レインウェア。
リクライニング機能付チェア & ブランケットに 湯たんぽ。 冬用 シュラフも持っていますが、撮影には不向き。
先週までの反省を踏まえて、寒さ対策を しっかり準備(笑
4時の気温は 7度(湿度と風速を反映した体感温度は 3度)でしたが 明け方にかけて星空さんぽを楽しみ、雲のような痕(流星痕)を残す明るい流星を ふたつ観ることが出来ました。
視認できた数は 32個。 やっぱり、流星の ほとんどは ファインダーに飛び込まず…(泣
東の空に昇ってきた 明けの明星も とても美しかったです。





b0188757_09223312.jpg





[ second picture ]
2018.11.11 01:25
オリオンの右肩に位置する ベテルギウスのあたりから天の川に輝いた流星。

流星は たくさん出る時期が分かっても、いつ流れるかは 誰にも予測できない天文現象ですね。
だから、諦めずに ずっと (ずぅ~っと) 空を見続けることが 一番大切なのだと考えます(笑
しし座流星群は、前後 2~3日にも流星を見ることができるそうです。 
寒さ対策を万全にしたうえで、流星観測を楽しみませんか?

今朝、帰りの車中で思わず声になった言葉。 それは、「圧倒的、流星。 最高の夜をありがとう。」
現在、470枚の写真を整理中。 続きがあります。




b0188757_14584303.jpg





金色に たなびくススキの向こうに 360度のパノラマが広がり絶景を望む。
その神々しいほどの美しさに言葉を失いました。
自分の目で、五感で、リアルタイムの宇宙を 実際に感じる感動。
山頂は草原となって 360度見渡せる眺望に優れている 生石高原は、私の パワースポットです。



“ Sun 3 Sunday ” 毎月 第 3日曜日に空写真をアップしよう。
pote-sala さま、素敵な企画をありがとうございます。



第三回プラチナブロガーコンテストを開催!


by club_yume_ututu | 2018-11-18 11:30 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(32)

おうし座北流星群

b0188757_10150287.jpg



[ top picture ]
2018.11.10 21:32
Tv 5 F 2.8 f 11mm ISO 6400 マニュアル露出 固定撮影
Kenko レンズフィルター PRO1D プロソフトン [A] 使用
Digital Photo Professional 4 / 明るさ調整 +1.00、ホワイトバランス 太陽光 A1.0 M1.0、 RGBトーンカーブ編集あり



東北南部から沖縄は晴れ間が広がり、流星観測日和になりそうの予報。
10日 18時発表の星空指数(日本気象協会 tenki.jp)は 100(空一杯の星空を楽しめそうだ!)
昨晩も標高 870メートルの生石高原へ。 4週連続です^^;
今週は 13日頃に極大を迎える おうし座北流星群、来週は 18日頃に極大を迎える予想の しし座流星群を楽しむことが出来ます。 

流れ星の数は 1時間に 10個程度。
数は少なめですが、ふたつの流星群は明るい火球の割合が高いので星空さんぽの合間に火球が飛ぶことに期待しています。
しばらくは月明かりの影響がほとんどないため、観測条件としては好条件。 レッツ・スターウォッチング♪
普段と違う光景は、空を眺めた人だけに贈られる天からのギフトですね。
星空さんぽ用に リクライニング機能付チェアを購入しました。 沼、恐るべし(笑

午前 0時の気温は 7度。
先週とは打って変わって撮影中に三脚が倒れるほどの強い風。
湿度と風速を反映した体感温度は 3度。 身体の凍えが止まらず 2時過ぎにリタイアしました。
吸湿発熱素材のアンダーウエアに フリース重ね着などで防寒対策は万全だと思い込んでいましたが、
手袋では防げない指関節の痛みや、靴下を重ねても防げない足の指先から伝わる厳しい寒さを体験しました。

ぼっちの 5時間撮影、1時30分過ぎに突然現れたカップルに驚く。 (真っ暗の)山中、ふたりなら怖くないの?(羨
視認できた数は 19個。 だけど、流星の ほとんどがファインダーに飛び込まず…(泣
top picture は オリオンの左足に位置する リゲルのあたりで輝いた流れ星。 




b0188757_09550127.jpg



ロケーションを活かした カッコいい「バイク写真」を撮ろう。
先週は風が弱く、バイク撮影を楽しみました。
長男(社2)と ふたりで出掛けたのは、彼が中学生だった時の富士登山以来 約 10年ぶり。
今週も彼は出張先の北海道から帰省(バイクは月末まで我が家の車庫預かり)
昨晩も ふたりでチャレンジする予定でしたが疲れが出たようです。




b0188757_09571915.jpg



次回
“ Sun 3 Sunday ” 毎月 第 3日曜日に空写真をアップしよう。
pote-sala さま、素敵な企画をありがとうございます。



11月 17日 8時45分 追記
しし座流星群の見頃が 18日未明から明け方にかけて。
月は 午前 1時頃に沈むので、月明かりの影響はありません。
6時発表の星空指数(日本気象協会 tenki.jp)は 90(きれいな星空が広がりそうだよ)
GPV 気象予報の雲量も、近畿地方は夜半過ぎから 「快晴」
(条件がよいところで) 1時間あたり 5個程度の流星出現が予想されている しし座流星群を観に 今夜も行ってきます。 5週連続です^^;
前後 2~3日にも流れ星を見ることができるそうです。 寒さ対策を しっかり準備して出かけてみませんか?



第三回プラチナブロガーコンテストを開催!

by club_yume_ututu | 2018-11-11 10:30 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(30)

赤色巨星 アルデバラン(おうし座)

b0188757_09305161.jpg



                                              溶けあい響きあい温もりを重ねたあの日
                                              夜明けを遠くさせる言葉を探したあの日

                                              星を見せたくて きみを連れ出した夜
                                              紡いだ たくさんの あの日が踊る秋





------- きりとり -------




[ top picture ]
2018.11.03 22:30
Tv 8 F 2.8 f 11mm ISO 3200 マニュアル露出 固定撮影
Kenko レンズフィルター PRO1D プロソフトン [A] 使用
Digital Photo Professional 4 / 明るさ調整 +1.00、ホワイトバランス 太陽光、 RGBトーンカーブ編集あり

おだやかな晴天で お出かけ日和の予報。
昨日も標高870メートルの生石高原へ。 3週連続です^^;

写真中央寄り 左上から プレアデス星団(すばる)、赤いアルデバランと ヒアデス星団、オリオン座が見えている写真です。 お分かりでしょうか。
アルデバランは おうし座の中で最も明るい星で、冬の夜空に輝く 1等星。
赤色巨星で太陽の 40倍の大きさ。 おうし座の「V」のかたちに並ぶ星たちは、街中でも見つけやすい星たちです。
6つの 1等星、おおいぬ座のシリウス、オリオン座のリゲル、おうし座のアルデバラン、
ぎょしゃ座のカペラ、ふたご座のポルックス、こいぬ座のプロキオンを結ぶ冬のダイヤモンドを描いています。

second pictureは爽やかな気候の中、見上げる火星と秋の七草のひとつで 秋を代表する植物、ススキ。
写真を並べてみると 1等星が ほとんどない秋の空はやっぱり寂しいですね。
漆黒の世界に広がる大自然の壮大なプラネタリウムを心ゆくまで楽しむ休日。
暖かい格好をして、冬の星空さんぽを楽しまれてはいかがでしょうか。





b0188757_09445537.jpg



長男(社2)が購入した Ninja 400(Kawasaki)
神奈川県から 600km弱、夜の高速道路を かっ飛ばして帰省しました。
若いって良いな♪
「今夜、星を見に行こう♪」 again.
“家族写真”を撮ろうと(今回は長男とふたり、バイク撮影がメイン)生石高原に誘いました。
22時の気温は 6度。 風が弱く、空いっぱいの星を楽しみました。 次回に続きます。



毎月 第1日曜日は い色。
今月も ご一緒いただき、ありがとうございます。
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。 コチラ



第三回プラチナブロガーコンテストを開催!

by club_yume_ututu | 2018-11-04 10:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(27)

Autumn is in the air

b0188757_23502931.jpg



和歌山県有田川町と紀美野町との境界に広がる「生石高原」は、関西随一といわれるススキの名所です。
夜の高原の澄み切った大気の中では、吸い込まれそうになるほど星が煌めいています。
何千、何万、何億光年という遠くで輝き 時空を渡って来た星々の光。
昨日の薄明終了は18時35分、月の出は19時13分。
月の出で空が明るくなっていき、みるみるうちに天の川が消えてゆく幻想的な夜空を楽しんで 先ほど帰ってきました。




b0188757_23522751.jpg



勿論、休日の過ごし方は ITM同様。
現地には昼過ぎに着き 焼酎片手に太陽と風、そして人に酔う。
自然の息吹が薫る地で ゆっくりと心を洗う8時間、至福のときです。

男と女。 秋も恋の季節♪
「 カレカノ for Lovers. 」 恋人同士や夫婦など、大切な人との photo. 
タグを作った管理人が、その存在を忘れていました(焦
top pictureは秋告げる銀色の景色を妻と。
3枚全てノートリミング、JPEG撮って出し。

ご存知のように、望遠鏡を使わずに人間の目で見える最も遠いものは 255万光年先の宇宙に浮かぶアンドロメダ銀河。
255万年もかかる所から届いた光、銀河鉄道 999などのSF作品でも知名度の高いこの銀河は秋の夜空で見ることができます。
冬のSuper Challenge天文教室/アンドロメダ銀河を撮ろう! 次の週末は天文教室に参加予定♪



来月も赤色の準備はOK! 星景写真です。
毎月、第 1日曜日(来月は 4日 am 0:00~ 24:00)は い色。
ご参加いただければ嬉しいです。 みんなと繋がって楽しみたいなぁ・・・(^_-)-☆

次回
Autumn is in the air / another one.




b0188757_23553291.jpg



大丈夫だ あの痛みは忘れたって消えやしない♪
大丈夫だ この光の始まりには君がいる♪
BUMP OF CHICKEN / ray

by club_yume_ututu | 2018-10-28 00:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(34)

日日是好日 another one.

b0188757_08271843.jpg



会いたいと思ったら、会わなければいけない。好きな人がいたら、好きだと言わなければいけない。
花が咲いたら、祝おう。恋をしたら、溺れよう。嬉しかったら、分かち合おう。
幸せな時は、その幸せを抱きしめて、百パーセントかみしめる。
それがたぶん、人間にできる、あらんかぎりのことなのだ。(本文より)
「日日是好日」 森下 典子著 新潮文庫

毎日が、いつも良い日ではない。
立ち止まってしまいたい日もあるだろう。
立ち直れないと思う日だってあるだろう。
だけど、それを静かに乗り越えて 良い思い出に変えていきたい。

人は死に向かっての旅路を歩んでいます。
私の場合、人生を 1日に例えれば 午後 3時過ぎにあたります。
今日で人生が終わるかもしれない。 約束された明日などない、そう考えます。
雨が匂う。 雨の一粒一粒が聴こえる、季節を五感で味わう歓び。 かけがえのない“今”。 
9月15日逝去した樹木希林さんが出演する「日日是好日」。 妻を誘って映画を観ます。



top pictureは国内線で用いられる最大の機材、Boeing 777-346 "心ひとつに" 東京2020 特別塗装機。
超広角 11mm(フルサイズ換算17.6mm)で ノートリミングの 1枚です。
頭上 約20メートルを通過するので ジェットエンジンの噴射による風は、土手の砂を巻き上げるほど。 飛行機の「風圧」を大迫力で味わえます。

“ Sun 3 Sunday ” 毎月 第 3日曜日に空写真をアップしよう。
pote-sala さま、素敵な企画をありがとうございます。



Sun 3 Sunday. Night Ver.
十三夜、「後(のち)の月」
「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは (徒然草)」

b0188757_09490126.jpg



second pictureは月齢11.3、昨晩の月。 スマホを望遠鏡にあてて月面を撮影。
十五夜(中秋の名月)から約 1か月後に巡ってくる十三夜は、十五夜に次いで美しい月だといわれます。
2018年の十三夜は 10月21日、今宵です。 澄んだ夜空に浮かぶ名月を眺めてみませんか。



本日は外出予定。 
5時起床、6時前に家を出て 21時過ぎ帰宅。 管理人は こんな日々を過ごしております。
平日は PCに要する時間が短い為、リコメにお時間をいただき申し訳ございません。

by club_yume_ututu | 2018-10-21 10:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(18)

Boeing 777-281(ER)

b0188757_10143887.jpg



着陸直前の機体が真上を轟音とともに通過する飛行機撮影の聖地ともいわれている“ 千里川土手 ”
超広角 11mm(フルサイズ換算17.6mm)でノートリミングの 1枚です。
めっちゃ近い」でしょ? おすすめです。
昨日は ITMで 8時間。 現地に昼過ぎに着いて ビール片手に太陽と風、そして音と人に酔っていました♪
キラキラと輝き始め 光る滑走路、離着陸する機体、夕焼け空と、とても美しい夕景が目の前に広がるのです。
夕焼けから薄暮の時間、いわゆるトワイライトタイムの撮影がメイン。
急なアルバイトで合流が 17時過ぎと遅れた長女(大3)。 ほとんど喋りっぱなしで撮影に集中出来ず(笑
現在、221枚の写真を整理中。



今月も青色の準備はOK!
“ Sun 3 Sunday ” 毎月 第 3日曜日(今月は 21日)に青空写真をアップしよう。
pote-sala さま、素敵な企画をありがとうございます。



5時起床、6時前に家を出て 21時過ぎ帰宅。 管理人は こんな日々を過ごしております。
PCに要する時間が短く 前記事のリコメも遅れている為、 勝手ながら 今回はコメント欄を閉じています。

by club_yume_ututu | 2018-10-14 10:30 | mind・言の葉 | Trackback

日日是好日

b0188757_10171389.jpg



燃えるような赤、火星。
7月31日の地球最接近から 約2ヶ月が経過しました。
当時と比べて明るさは 約5分の1に、直径は 6割ほどになったものの、依然として明るく輝いています。(-1.4等級、視半径 8.1°)

写真はやぎ座に位置する火星。 今年の秋は火星が秋の星座の中に輝きます。 
やぎ座を東に移動し、11月にはみずがめ座に移ります(順行)。 みずがめ座はお分かりでしょうか? 
みなみのうお座のフォーマルハウト以外は 1等星が ほとんどない秋の空は寂しいと言われがちですが、
目立たないからこそできる「見つける、探す」楽しみを味わう秋の夜です。



「雨の日は、雨を聴きなさい。心も体も、ここにいなさい。
 あなたの五感を使って、今を一心に味わいなさい。
 そうすればわかるはずだ。自由になる道は、いつでも今ここにある」
「日日是好日」 森下 典子著 新潮文庫より

見事なほど静かに文章が流れる。 メッセージが ぐんぐん伝わって胸に響く一冊です。
目前の事が喜びであろうと、悲しみであろうと、今、この一瞬を精一杯に生きる。
どんな状況でも人生に意味あるもの。 だから、逃げることなく積極的に 精一杯生きたい。
二度と来ない かけがえのない日なのだから。




b0188757_10461960.jpg



top picture に星座線を加筆
秋の星座の中で ただひとつの 1等星で、秋の ひとつ星と呼ばれる フォーマルハウト。
秋の四辺形“ペガスス座”は コチラ



毎月 第1日曜日は い色。
今月も ご一緒いただき、ありがとうございます。
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。 コチラ



どうぞ素晴らしい 3連休をお過ごしくださいませ。 
祝日は関係ない私は普段の 1週間です。 (いつものように 5時起床、6時前に家を出て 21時過ぎ帰宅)
平日は PCに要する時間が短い為、リコメにお時間をいただき申し訳ございません。



次の週末は、長女(大3)と飛行機の絶景ポイントを満喫予定です。
太陽を掴むような “面白写真?”を撮ることが主目的 
晴れたらいいな♪

by club_yume_ututu | 2018-10-07 08:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(44)