タグ:Red Temptation ( 20 ) タグの人気記事

明け行くや二十七夜も三日の月

b0188757_09212032.jpg



                                                    ごらん 美しい朝だよ
                                                    今日を動き出そう

                                                    いつも そばに居るよ
                                                    姿が見えなくても                                                    
 
                                                    Your day will come





------- きりとり -------




「 きみがいた風景 」 14歳に たくさんのお祝いをいただきありがとうございます。
自身のペースで 綴る自分史。 Blogは そんな場所だと考えます。 
改めまして、これからも どうぞ よろしくお願い申し上げます。

さて、地球照を伴った幻想的な細い月を見たい(撮りたい)と、2月2日(土)に車を走らせました。
ETC深夜割引の時間帯、0時を待って入口料金所を通過。 現地着は 2時(26時)過ぎ。
向かった場所は「しぶんぎ座流星群」を撮った すさみ町。 ワタクシの星空観賞スポットです♪
5時の気温は 2度、風速 3m(m/s)、湿度 74%。 湿度と風速を反映して計算した 体感温度は -8.1度と厳しい冷え込みでしたが、
雲量予報バッチリの満天の星に 1週間の疲れが吹っ飛びました。 50歳を過ぎて星空散歩に嵌り、(妻に笑われながら)徹夜を繰り返しています(焦





b0188757_09234681.jpg


[ second picture ]
2019.02.02 05:11
Tv 8 F 2.8 f 11mm ISO 3200 マニュアル露出 固定撮影
Digital Photo Professional 4 / 明るさ調整 +1.50、ホワイトバランス 太陽光 B5 M5、 RGBトーンカーブ編集あり

アンタレス、木星、金星、月の位置を加筆。
明け方東の空、雲のように見えるのは惑星の間に横たわる天の川。

前記事で、カメラ任せでは撮れないような シチュエーションが大好き(Mなの ?
と リコメしましたが、月と星の同時撮影は手強かったです。
悴む手を 湯たんぽで温めながら フォーカスリングを調整。 ソフトフィルターを付けたり外したり。
都度、ヒストグラムを確認して ISOや シャッタースピードを変え、
あーでもない、こーでもないなんて トライしましたが撮り方の答えは見つけられず…。
まだまだ分からないことばかりです。 だけど楽しい♪(やっぱり、Mなの ?
えぇと、「」は さそりの アンタレス。 そして、月齢 27.1 夜明け前の細い月。 





b0188757_18193656.jpg


明け行くや二十七夜も三日の月 / 松尾芭蕉
芭蕉が詠んだように、二十七夜の月は三日月ほどの細さ。
月の出から数時間後には空に溶けて消えゆく 儚い月です。



毎月 第1日曜日は い色。
2月の “Red Temptation” 管理人は不在となります。
今月も ご一緒いただき、ありがとうございます。
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。 コチラ

by club_yume_ututu | 2019-02-03 10:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(28)

しぶんぎ座流星群 2019

b0188757_09544071.jpg


[ top picture ]
2019.01.04 03:51 から露出 30分

凛とした冬の夜、満天の星に包まれる。 北天 グルグル。
北の夜空には、北極星の周りを グルグル回っているだけで 地平線の下に沈まない星々があります。 周極星ですね♪





b0188757_09574720.jpg


[ second picture ]
2019/01/04 04:50
Tv 25 F 2.8 f 11mm ISO 3200
写真は うしかい座の 1等星 アークトゥルス(色巨星)の隣りで輝いた流星。



1月 4日の明け方に向けてピークを迎えた
今年最初の天体ショー、新年の夜空を彩る「しぶんぎ座流星群」。 ご覧になりましたか?
夏の「ペルセウス座流星群」、そして この間の「ふたご座流星群」と並んで 3大流星群とされています。
北斗七星の近くにあり、現在は存在しない「壁面四分儀座」のあたり(りゅう座)から 流星が放射状に飛ぶことから名付けられました。

北東方向を中心に空を広く見渡せる場所。
街(大阪)の明かりが ほとんど届かない場所を探して(いつもの生石高原は厳しい)、南へ南へと車を走らせました。
住む町から 2時間、すさみ町に星空観賞スポットを発見♪
top pictureは しし座の日周運動と同じ 露出 30分ですが(同じ RAW現象)、星の数が違います。 お分かりでしょうか。

4日の夜明け前 2〜 3時間が観察に適した時間帯。 
5時の気温は 2.5度、風速 2m(m/s)、湿度 78%。 湿度と風速を反映して計算した 体感温度は -5.6度。
この流星群の特長は ピークが鋭いことと聞いていましたが、本当に待ちぼうけの時間が長かったです。
厳しい冷え込みに負けないよう 湯たんぽを抱えて ドラマチックな流星に酔いました♪
24時から 6時間で視認できた数は 120個強。 2019年、私の初撮りは 672shot(焦



星空散歩に嵌って、もう何度目の徹夜でしょう…(笑
宇宙に溶け込む。 夜の「暗さ」を楽しむ。
いつまで眺めつづけていても興味の尽きない夜空です。



【お年玉プレゼントキャンペーン】 私の年末年始&新春の一枚2019!

by club_yume_ututu | 2019-01-06 20:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(45)

ウィルタネン彗星(46P)と競演した ふたご座流星群

b0188757_15250588.jpg


[ top picture ]
2018.12.14 23:22
Tv 25 F 2.8 f 11mm ISO 3200 マニュアル露出 固定撮影
Kenko レンズフィルター PRO1D プロソフトン [A] 使用
Digital Photo Professional 4 / 明るさ調整 +0.50、ホワイトバランス 太陽光、RGBトーンカーブ編集あり



14日深夜から15日未明にかけて見頃を迎えた 壮大な天文ショー、「ふたご座流星群」。
平成最後の流星群(*1)、ご覧になりましたか?

夕方は雲が多く雲量予報も かなり厳しい和歌山でしたが、
おかげさまで 綺麗な星空が広がり 暗い闇を駆け抜ける鮮やかな光の線に酔いしれました。 
20時~26時の 6時間で視認できた数は ペルセウス座流星群を上回る 250個以上。 
まさに星降る夜。 特別な 1夜となりました。(2018年は 500個以上の流星を観賞)

写真は ぎょしゃ座付近に 赤い光跡を刻んだ流星。
中央寄り右上に M45 プレアデス星団(すばる)。 非常に若い星の集まりで 青く輝いています。
地球からの距離は約 400光年あるとされています(400年前の光ですね)
そして、オリオン座の三ツ星のすぐ南に 3つの小さな星が南北に並んでいます。 これを小三ツ星と言い、その中心あたりに M42・M43 オリオン座大星雲があります。 
地球からの距離は約 1300光年あるとされています。 
中央左寄り、縦に伸びる 淡い光の帯は天の川。





b0188757_19443491.jpg


[ second picture ]
2018.12.15 0:04
おうし座の辺りで地球に接近中のウィルタネン彗星(46P)と競演した ふたご座流星群。

ふたご座流星群の斜め右下(矢印の先)が彗星。  淡い輝き、彗星特有の青緑色が お分かりでしょうか。
ウィルタネン彗星(46P)は公転周期 約 5.4年の周期彗星です。
今日、地球に最接近し(0.078天文単位まで大接近)、4等級台まで明るくなると予測されています。



空気の層の中で光が揺れて、星はキラキラと輝く。
1年の中で星が一番きれいに見える冬こそ、星を観賞するチャンスです。
クリスマスには大切な方と天然のイルミネーションを♪



薫る × 誇る
星空は夜の青空。 Sun 3 Sunday. Night Ver. 
“ Sun 3 Sunday ” 毎月 第 3日曜日に空写真をアップしよう。
pote-sala さま、素敵な企画をありがとうございます。

現在、244枚の写真を整理中。 続きがあります。



( *1) 12月22日~23日にかけてピークを迎える こぐま座流星群は月齢条件が悪い(月齢 16、一晩中)
主要な流星群で 次に活動のピークを迎えるのは、1月4日の しぶんぎ座流星群。



お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!

by club_yume_ututu | 2018-12-16 08:45 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(40)

しし座流星群 火球

b0188757_10581811.jpg



先月 17日深夜~18日明け方にかけて見頃を迎えた しし座流星群。 ご覧になりましたか? 

11/18 02:57 澄みきった冬の夜空に 一閃の光が走りました。
流星の中には、まれに周りが “ぱぁっ”と明るくなるぐらい大規模なものが目撃されることがあります。
特に定義はありませんが マイナス 4等程度より明るい流星のことを火球と呼び、火球の出現は流星観測の “華”とも言われます。
日本全国から流星の目撃情報が掲示板に書き込まれているウェブサイトには目撃情報が無く(深夜だったからでしょうか)、写真を天文台スタッフに確認していただきました。
左上の白い星は 獅子の 心臓に位置する 1等星のレグルスです。




b0188757_11035808.jpg



second picture は しし座が見えている写真です。 お分かりでしょうか。
11/18 03:08 獅子の 心臓に位置する 1等星のレグルスのあたりから輝いた流星。 色の変化を捉えることが出来ました。
1秒にも満たない 一瞬の輝き。 目にした者の心を放さない、美しくも はかない存在ですね。
澄んだ空気のなかで降り注ぐような星々を眺め、漆黒の世界に広がる大自然の壮大なプラネタリウムを心ゆくまで楽しむ休日です。




b0188757_08305386.jpg



+ one. Yello Temptation
昨日、妻と 帰省した長女(大3)を誘い 夜間ライトアップに行ってきました。
樹齢 300年以上、圧巻の黄色。 世界遺産、丹生酒殿神社の大いちょうです。
私が撮る家族は 構えた記念写真よりも 自然体のものが多いかな。 赤は長女の襟元(笑



毎月 第1日曜日は い色。
今月も ご一緒いただき、ありがとうございます。
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。 コチラ



第三回プラチナブロガーコンテストを開催!

by club_yume_ututu | 2018-12-02 09:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(48)

赤色巨星 アルデバラン(おうし座)

b0188757_09305161.jpg



                                              溶けあい響きあい温もりを重ねたあの日
                                              夜明けを遠くさせる言葉を探したあの日

                                              星を見せたくて きみを連れ出した夜
                                              紡いだ たくさんの あの日が踊る秋





------- きりとり -------




[ top picture ]
2018.11.03 22:30
Tv 8 F 2.8 f 11mm ISO 3200 マニュアル露出 固定撮影
Kenko レンズフィルター PRO1D プロソフトン [A] 使用
Digital Photo Professional 4 / 明るさ調整 +1.00、ホワイトバランス 太陽光、 RGBトーンカーブ編集あり

おだやかな晴天で お出かけ日和の予報。
昨日も標高870メートルの生石高原へ。 3週連続です^^;

写真中央寄り 左上から プレアデス星団(すばる)、赤いアルデバランと ヒアデス星団、オリオン座が見えている写真です。 お分かりでしょうか。
アルデバランは おうし座の中で最も明るい星で、冬の夜空に輝く 1等星。
赤色巨星で太陽の 40倍の大きさ。 おうし座の「V」のかたちに並ぶ星たちは、街中でも見つけやすい星たちです。
6つの 1等星、おおいぬ座のシリウス、オリオン座のリゲル、おうし座のアルデバラン、
ぎょしゃ座のカペラ、ふたご座のポルックス、こいぬ座のプロキオンを結ぶ冬のダイヤモンドを描いています。

second pictureは爽やかな気候の中、見上げる火星と秋の七草のひとつで 秋を代表する植物、ススキ。
写真を並べてみると 1等星が ほとんどない秋の空はやっぱり寂しいですね。
漆黒の世界に広がる大自然の壮大なプラネタリウムを心ゆくまで楽しむ休日。
暖かい格好をして、冬の星空さんぽを楽しまれてはいかがでしょうか。





b0188757_09445537.jpg



長男(社2)が購入した Ninja 400(Kawasaki)
神奈川県から 600km弱、夜の高速道路を かっ飛ばして帰省しました。
若いって良いな♪
「今夜、星を見に行こう♪」 again.
“家族写真”を撮ろうと(今回は長男とふたり、バイク撮影がメイン)生石高原に誘いました。
22時の気温は 6度。 風が弱く、空いっぱいの星を楽しみました。 次回に続きます。



毎月 第1日曜日は い色。
今月も ご一緒いただき、ありがとうございます。
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。 コチラ



第三回プラチナブロガーコンテストを開催!

by club_yume_ututu | 2018-11-04 10:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(27)

日日是好日

b0188757_10171389.jpg



燃えるような赤、火星。
7月31日の地球最接近から 約2ヶ月が経過しました。
当時と比べて明るさは 約5分の1に、直径は 6割ほどになったものの、依然として明るく輝いています。(-1.4等級、視半径 8.1°)

写真はやぎ座に位置する火星。 今年の秋は火星が秋の星座の中に輝きます。 
やぎ座を東に移動し、11月にはみずがめ座に移ります(順行)。 みずがめ座はお分かりでしょうか? 
みなみのうお座のフォーマルハウト以外は 1等星が ほとんどない秋の空は寂しいと言われがちですが、
目立たないからこそできる「見つける、探す」楽しみを味わう秋の夜です。



「雨の日は、雨を聴きなさい。心も体も、ここにいなさい。
 あなたの五感を使って、今を一心に味わいなさい。
 そうすればわかるはずだ。自由になる道は、いつでも今ここにある」
「日日是好日」 森下 典子著 新潮文庫より

見事なほど静かに文章が流れる。 メッセージが ぐんぐん伝わって胸に響く一冊です。
目前の事が喜びであろうと、悲しみであろうと、今、この一瞬を精一杯に生きる。
どんな状況でも人生に意味あるもの。 だから、逃げることなく積極的に 精一杯生きたい。
二度と来ない かけがえのない日なのだから。




b0188757_10461960.jpg



top picture に星座線を加筆
秋の星座の中で ただひとつの 1等星で、秋の ひとつ星と呼ばれる フォーマルハウト。
秋の四辺形“ペガスス座”は コチラ



毎月 第1日曜日は い色。
今月も ご一緒いただき、ありがとうございます。
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。 コチラ



どうぞ素晴らしい 3連休をお過ごしくださいませ。 
祝日は関係ない私は普段の 1週間です。 (いつものように 5時起床、6時前に家を出て 21時過ぎ帰宅)
平日は PCに要する時間が短い為、リコメにお時間をいただき申し訳ございません。



次の週末は、長女(大3)と飛行機の絶景ポイントを満喫予定です。
太陽を掴むような “面白写真?”を撮ることが主目的 
晴れたらいいな♪

by club_yume_ututu | 2018-10-07 08:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(44)

starry night

b0188757_15423012.jpg




9月は週末の天気がイマイチだったこともあり、カメラを持たずに はや 1ヶ月(前回の撮影は家族写真を撮った 8月26日)
久しぶりの週末撮影は雨の ITMで流し撮りを “ちらっ”と考えましたが、今月は外回りで雨に打たれすぎて お腹いっぱい。

月齢18.7の昨晩、星空散歩に行ってきました(天文薄明終了が19時12分、月の出が19時57分)
星景写真撮影において「月」というものは星の存在を消してしまいますので、月が昇るまで 1時間足らず “駆け足”の散歩です。
仕事を さっさと切り上げ、晩御飯も食べずに出かける私を見て妻が呆れる(笑

紀美野町側から生石高原への車道は崩落及び倒木のため全面通行止め(1ヶ月前に通った迂回路も封鎖)だったので、みさと天文台へ。
おかげさまで澄みきった夜空に瞬く天の川 & 満天の星に出会うことが出来て、疲れが吹っ飛びました。 
「真夏のダイヤモンド」、「夏の夜の女王」などの異名をとる こと座のベガが美しい。 降りそそぐ星たちと語り合う時間が好きな私は宙(ソラ)親父(焦
添景は屋外にある8m電波望遠鏡、台風21号による被害を受けたようです。  一日も早い復興をお祈り致します。

大型で非常に強い台風24号は非常に強い勢力を維持したまま日本列島を縦断するおそれがあります。
大雨や暴風、高波・高潮に厳重な警戒を。



毎月 第1日曜日は い色。
毎月 第3日曜日は い空。
pote-sala さま との共同企画

「Red Temptation / 誘惑の赤」概要
■  タイトル  ■ ご自由に どうぞ。
■  開催日時 ■ 毎月、第 1日曜日(来月は 7日 am 0:00~ 24:00)
■  タ グ   ■ Red Temptation
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。
被写体探しや、撮り方の工夫、写真選びも楽しんで みなさまの眼から赤色に感じられるものなら、なんでもOK! 
コンテストではありませんので、「 赤 」の定義は ご自由にどうぞ。 掲載枚数等に制限はありません。
ご参加いただければ嬉しいです。 みんなと繋がって楽しみたいなぁ・・・(^_-)-☆

この花の持つ色が一番の「誘惑の赤」だと思う。
変化球の曲がりと格が違うキレに 今日まで気づきませんでした。
Berry's Bird さま、(人''▽`)ありがとう☆


by club_yume_ututu | 2018-09-29 16:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(44)

百花繚乱

b0188757_20495979.jpg


夏は夜。 久しぶりの土手で狙った絵とは、花火と きらびやかな空港の「輝きの競演」
遠景に花火、ジェット機を前景とした夜景を楽しむことのできるビューポイントです♪
打ち上げ 4時間前でも 3ヶ所ある最寄りの駐車場は満車。 1時間以上、車内で待機(泣
ベストポジションと思われる一帯に大型の三脚がズラリと並び、多くのカメラマンでいっぱいでした。





b0188757_20514915.jpg


Hold Short of Runway 32L
滑走路手前で一旦待機という指示です(滑走路上に航空機がいたり、滑走路にアプローチをしている到着機がある場合など)
空域がすいているときには、そのまま離陸許可を出すこともあります。
ご存知のように、飛行機と花火を同時に撮るのは(一発撮り)相反するものなので かなり難しい。 
「飛行機 止まれ~」って念じていました。 ほとんどの方が そうだったと思います。
花火が上がっている時間に 離陸前の飛行機が止まったのは3機だけ。
1機目は いろんな設定を試していたのでボツ写真ばかり。 2機目はANA(B3)、3機目はJAL(B6)
ベストポジションは もっと左かな。 飛行機と花火の距離が遠く 2、3枚目はトリミング。 全てRAW現象。 





b0188757_20591821.jpg


Red Temptation / SEP.2018 予約投稿です。
毎月 第1日曜日は い色。
今月も ご一緒いただき、ありがとうございます。
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。 コチラ



お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

by club_yume_ututu | 2018-09-02 00:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(39)

Mars, the bright red star / 火星大接近

b0188757_01281330.jpg


[ top picture ]
2018.08.04 23:40
Tv 8 F 2.8 f 11mm ISO 3200 マニュアル露出 固定撮影
Kenko レンズフィルター PRO1D プロソフトン [A]
Digital Photo Professional 4 / 明るさ調整 +1.33、ホワイトバランス 太陽光 A3.0 M3.0、RGBトーンカーブ編集あり



火星が地球に大接近した31日夜。 ご覧になりましたか?
9月上旬まで火星は地球から近い位置で見られます(次に大接近になるのは17年後)
明るさはマイナス2等を超え、赤く明るく輝く火星が楽しめます。
但し、火星は最接近の頃でも視直径は月の視直径の約 1/77と小さいので、肉眼では普段より明るく見える程度にしかわかりません。
9月上旬を過ぎると火星と地球の距離はどんどん離れ見かけの大きさも小さく、光度も暗くなっていきます。



普段と違う光景は、空を眺めた人だけに贈られる天からのギフトですね。
次のギフトはペルセウス座流星群。 天文ファンにとっては夏の風物詩となっています。
ペルセウス座流星群の母彗星は「スイフト・タットル彗星」で、毎年8月12日、13日頃が活動の極大です。
1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」と呼ばれています。
今年は8月11日が新月のため月明かりの影響はまったくなく、たいへん よい条件で流星を観察することができます。
特に見ごろと予想されるのは8月12日の夜。
午後9時ごろから流星が現れ始め、空が明るくなり始めるまで流星の出現は続き、明け方に近づくにつれて流星の数は増えていくそうです。
早起きして? それとも、夜更かししてご覧になりますか?



多くの流星を見ることができる3夜。
11日は ぼっちで星空撮影、12日は 妻を誘い STARPARTY(観望会)に参加予定。

真夏の天体ショー。
一人でも多くの方が、星空に親しまれますように。





8月 5日 9時 30分追記 / second picture (Co-star of the red)

b0188757_09244764.jpg



Co-star of the red
赤の共演 / さそり座の1等星アンタレスと火星
アンタレスと火星の間には土星も見えています(写真中央、天の川に位置する明るい惑星です)

南東の空で、地球と最接近した火星。 アンタレスの語源である「アンチ・アレス」(火星に対抗するもの)が実感できます。
アンタレスはさそりの心臓の位置で赤く輝く恒星で、ここを中心としてS字形に並んだ星をたどると、さそりの姿が描けます。
赤き星はいまもロマンにあふれていますね。



Red Temptation / AUG.2018 
毎月 第1日曜日は 赤い色。
今月も ご一緒いただき、ありがとうございます。
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。 コチラ



5時起床、6時前に家を出て 21時過ぎ帰宅。 夏休みは13日(月)だけ。
weekdayは PCに向う体力(気力)が尽き、リコメにお時間をいただき申し訳ございません。

猛暑、酷暑、激暑。 
まだまだこの暑さが続くようです。
お身体を大切に、お健やかに過ごされますようご祈念申し上げます。



お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】


by club_yume_ututu | 2018-08-05 01:30 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(42)

Scorpio × Great Star Cloud

b0188757_18395346.jpg



                                                      並んで星を数えたね
                                                      繋いだ手を離さず唇を重ね

                                                      想わない日はないや
                                                      きみの吐息を浮かべる星夜




                                                        
------- きりとり -------




[ top picture ]
2018.06.16 23:56
Tv 20 F 3.5 f 18mm ISO 3200 マニュアル露出
Digital Photo Professional 4 / 明るさ調整 +1.0、ホワイトバランス 色温度(4600K)、コントラスト +3.0

宇宙の彼方で赤く輝く、さそり座の巨大な一等星「アンタレス」(写真右 中央の1番明るい星) 
太陽の数百倍の大きさを誇る恒星です。 アンタレスは地球の8万7千倍以上も大きいとされています。
さそり座は南の空の低いところ、天の川に大きなS字型で横たわっており、特徴的な形をしています。
写真は さそりの尾から立ち昇る「天の川」と いて座の「グレートスタークラウド」(いて座の位置は前記事をご参照ください)

星景写真は「星空の風景」
構図を決めたらピントと露出を合わせてシャッターを切るという流れは、一般的な写真撮影と同じです。 
夜空の星は非常に弱い光ですから、どれもカメラ任せで行うことはできません(カメラは、どこにピントを合わせるべきなのかさえ認識できません)
午前 0時前の写真もMFでピントを合わせ、レンズヒーターを巻いて夜露の付着を防止しています(この日は濡れそぼつほどの夜露でした)

そして、星景写真を階調よく仕上げるにはRAWで撮影し、現像時にトーンカーブを調整するなどして階調を整えることが大切ですね。
シャドウから鋭く立ち上がってピークを迎え、ハイライトに向かってなだらかに下がっていくヒストグラムの形は星空の写真の一つの理想型だそうですが、この現象が難しい(と言うより、奥が深い)
私の場合、空などの明るい部分にしっかりと色が載るのでアンダー気味に現象するようにしています。
魅力的な写真の表現も学びたい。

課題
星景写真で大切なのは、星が点として写ること → 露出時間は10秒程度に収め、感度を変更して適正露光を求めるようにする

準備(諭吉サマ 集めなきゃ…)
ソフトフィルターは星を目立たせる効果があるので、星景夜景では効果的なアイテム
SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 or ビクセン 星空雲台ポラリエ &ポーラメーター。 二者択一の苦しみ(笑




b0188757_09164865.jpg



[ second picture ]  07.01 09:15 画像追記
2018.06.17 0:20
Tv 13 F 3.5 f 18mm ISO 6400 マニュアル露出
Digital Photo Professional 4 / 明るさ調整 +0.5、ホワイトバランス 色温度(4600K)M2、コントラスト +3.0

「日本の赤は、まぶたに熱い」
「日本の赤は、こころに溶ける」
あの頃へ / 安全地帯

Red Temptation / JUL.2018 予約投稿です。
毎月 第1日曜日は い色。
今月も ご一緒いただき、ありがとうございます。
みなさまの熱い視線を惹きつける誘惑の赤。 コチラ



外回りが厳しい季節となりました。
5時起床、6時前に家を出て 21時過ぎ帰宅。 
PCに向う体力(気力)が尽きる weekday.
ITMへ通う元気がなく完全休養の holiday.
6月2日(土)以降、4週間もご無沙汰。 夏は夜活メイン、寝転がって星空散歩♪
勝手ながら、週末更新に拘らず 少し頻度を緩めます。



あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】
by club_yume_ututu | 2018-07-01 00:00 | mind・言の葉 | Trackback | Comments(51)